星のおじさまの勉強部屋    自分のメモです。


◎ 学年やクラスで成績がトップの人の特徴(共通点)
◎ 東大生の部屋の様子
◎ 合格必勝 受験日前のスケジュール
◎ 勉強を教えてもらうには
◎ 先生が嫌いな場合には
◎ 国語を好きになろう
◎ 語学を好きになろう
◎ 数学を好きになろう
◎ 社会を好きになろう
◎ 理科を好きになろう
◎ 料理を好きになろう
◎ 手話を好きになろう
◎ ヨガを好きになろう
◎ 茶道・華道・着付け・ピアノ


[トップへ]   [一覧へ]



■学年やクラスで成績がトップの人の特徴(共通点)


いえ、私のことではありません。
私の周りでトップだった人から聞いた話から共通点を探し出してまとめてみました。
よろしければ参考にしてみてください。
ただし、私の知っている人達(10人程度)の情報なので、世間の方々が皆そうだとは限りません。
注意してください。

1、 塾に通っていない
    一度も通ったことがない、という人が何名かいました。
    夏期講習や冬期講習だけは行ったことがある、という人は3名。
    旺文社の「大学受験ラジオ講座(ラ講)」を毎日聴いている、という人はいました。
    「Z会」や「進研ゼミ」などの通信講座を受講していたのかどうかは確認しておりません。

2、 学校の授業を大切にする
    トップの人達は学校の授業を大切にしていました。
    学校の勉強を手抜きして、塾の勉強にのみ力を入れていた人達の成績は、
    それなりに良くてもトップにはならなかったような気がします。

3、 一冊の同じ参考書や問題集を何回も繰り返しやる
    あまり浮気をせずに、一冊の参考書を何度もやって完璧にすると言っていました。
    また、ややレベルの高い本を選ぶようです。しかし基礎は大切です。

4、 親に勉強しろと言われたことがない
    ガミガミ言われれば誰だってやる気を失くしますが、
    この方達は言われる前に自主的に机に向かうからでしょうかね・・・。
    「私、子供に勉強しろと言ったことが一度もないの」と言っていたお母さんもいました。

5、 性格はやや内向的で、とても負けず嫌いである
    顔には出さなくても皆さん負けず嫌いでした。

他に思い出したらまた書きます。


[一番上へ]



■東大生の部屋の様子

    テレビで何人かの東大生の自宅の部屋を紹介していたのを見ました。
    皆さんたいてい普通のシンプルなお部屋でした。

    共通していたのが、机でした。
    机の上には筆記用具以外に何もなく、スッキリしているのです。
    シャーペン、消しゴムだけを置き、試験の時と同じ環境にしているとのことでした。
    机の前は何もない壁が来るようにします。窓があると気が散るからです。
    目の前には勉強と無関係なものは一切置かず、漫画本やゲーム機などは
    座った位置から見えない場所に片付けます。
    落ち着いて集中できるように、机の左右に衝立を立てている学生もいました。
    沢山の参考書を広げやすいように大きめサイズの机を使用しているとのことです。

    机の近くの壁に大型の「壁掛けホワイトボード」を取り付けている学生もいました。
    ここに数式や思いついたことなどを自由に書いて考えていると言っていました。
    何度でも消したり書いたりできるので、便利で経済的なのだそうです。


[一番上へ]



■合格必勝 受験日前のスケジュール

    受験日当日は、普段通りでいることが良いようです。
    いつもと変わったことをすれば調子が狂うかもしれないからです。

    試験は朝から始まるので、普段から夜型を止めて早起きし、規則正しい生活を心がけます。
    普段通りが良いということで、試験日の一ヶ月前から(浪人生は一年前から)、
    試験日のスケジュールと同じ生活をしていたという人がいました。
    例えば、朝9時から試験が始まるのなら9時から勉強を開始します。
    試験科目と時間が分かっているのなら、その時間通りに勉強します。
    1時間目英語(90分)、休憩(10分)、2時間目数学(90分)、昼食(60分)、
    3時間目物理(90分)、休憩(10分)・・・、というふうに。

    机の上には筆記用具だけを出し、余計な物はしまいます。
    試験当日と似たような環境を作ることで、本番を普段通りのリラックスした状態で臨めるというわけです。

    前日は食べ過ぎないようにして早く寝ます。
    夜更かしをすると試験中に眠くなるので、頭が働かずつまらない計算ミスをしたりするからです。
    当日は緊張から腹痛を起こす可能性があるので、水無しでも飲める下痢止め薬を持参すると良いでしょう。
    また、一口サイズのチョコレートやあめ玉は緊張や空腹を和らげてくれます。
    ちょっとした飲み物も必要です。
    空調が暑かったり寒かったりするので、脱ぎ着しやすい上着やカイロを持って行くことをおすすめします。
    必要ならば御守も。

    マークシート試験の場合は解答欄がズレていないかを時々確認した方が良いです。
    わからない問題も、とりあえず適当な番号を塗りつぶしておくと、ズレや塗り忘れを防ぐことができます。
    マークシートのその箇所に印をつけておき、後で考えるようにしましょう。


[一番上へ]



■勉強を教えてもらうには

    勉強を教えてもらうには、天才よりも秀才の人のほうが良いと思います。
    天才は苦労なく出来るので、出来ない人の気持ちがわからないし、教え方も下手な場合が多いです。
    苦労してきた秀才さんは、自分の経験上、どこが難解でミスしやすいかなどを熟知していることが多いためです。


[一番上へ]



■先生が嫌いな場合には

    教師の好き嫌いが成績に影響することがあるようです。
    けれども、数学の担当教師が嫌いだからといって、数学まで嫌いになってしまうのは自分が損をするだけです。
    「教科」と「教師」を切り離して考えるようにしましょう。
    なお、嫌いな教師を無理に好きになる必要はありません。


[一番上へ]



■国語を好きになろう

    教科の中で一番重要なのが国語です。
    まず、コミュニケーションに必要不可欠です。
    日本語は難しく、「てにをは」1つで意味が全く違ってきたりします。
    正しい文法がわからなければ、数学などの文章問題文が理解できず解けません。

    私は文学に詳しくありませんが、教科書には好きな作品が結構ありました。
    最近は著作権の消滅した作品を無料でインターネット上で閲覧できるようになっています。

    [インターネット上で本が読めるサイト(無料)]
      * 青空文庫(※外部サイト)
      * 北沢文庫(※外部サイト)

    [小川未明]
      * 野ばら
         演劇倶楽部『座』朗読ライブ 小川未明「野ばら」1(※YouTube)
         演劇倶楽部『座』朗読ライブ 小川未明「野はら」2(※YouTube)
      * 小さな草と太陽
         小川未明 朗読シリーズ「小さな草と太陽」(※動画JCAN)
      * 赤いろうそくと人魚(※青空文庫)
         アニメ・赤いろうそくと人魚(※YouTube)

    [星新一]
      * おみやげ(日本語と英語)
      * 生活維持省(やる夫AA)(※外部サイト)
      * 生活維持省、妖精、ねらわれた星(やる夫AA)(※外部サイト)
      * やる夫たちの星新一劇場(※外部サイト)

    [今西祐行]
      * 一つの花


        ・・・などがなつかしいです。


[一番上へ]



■語学を好きになろう

    紛争や戦争が多発している国の人々は外国語の習得が早いそうです。
    いろんな国、民族、宗派が混ざり合うので、言葉が通じないと命取りになってしまうからです。
    必要に迫られるために必死で覚えるわけです。
    日本は平和で幸せですね。

    ヨーロッパの言語(フランス語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語)は似ているため、
    一ヶ国語をマスターすれば、あとの三ヶ国語を覚えるのにはそれほど苦労しないそうです。
    英語と違って男性名詞や女性名詞があってややこしいですが。

    発音が美しいのはフランス語で、文字が芸術的だなぁと思うのはアラビア語です。

    中国人が日本人よりも英語の習得が早いのは文法が似ているからのようです。

    ところで、NHKの語学番組(テレビ・ラジオ)はオススメです。
    中国人の方が職場に派遣されてくるというので、上司が中国語を学ばなければいけなくなりました。
    忙しくて教室に通えないため、半年〜1年かけてNHKの語学番組(テレビ・ラジオ共)だけで
    勉強したら話せるようになりました。日常会話ならペラペラです。
    必要に迫られたのも良かったのでしょう。
    私もやりなさいと言われて現在勉強中ですが、難しいですね。
    中国語は発音が難しいです。
    英語は話せないけど中国語が得意な友達は、漢字や漢文が好きです。

    NHKの語学番組はテレビが週1(25分)、ラジオが週5(15分)で、期間は半年の講座と1年の講座があります。
    ひと月に一度出版されるテキスト代は400円未満です(2012年現在)。
    教室に通うよりもずっと安価です。
    日常会話ならこのテレビとラジオ講座だけで十分だという人もいます。
    あとは少しずつボキャブラリーを増やしていけば良いかと思います。

    NHKの「テレビで○○講座」は語学に興味のない人が見ても楽しめるようになっています。
    番組では世界遺産や観光名所が紹介されるので、旅行好きにはたまりません。

    言語は使わないと徐々に忘れてしまうので、間違いを恐れずにどんどん喋らないといけません。
    日常生活では試験と違って文法の正確さよりも、多少間違えても会話が出来ることのほうが重要です。
    外国語を使う環境に身を置いたり、外国のお友達がいると良いのかもしれません。


[一番上へ]



■数学を好きになろう

    【子供向けですが大人でも大丈夫です。暗算が楽しくなりそうな一冊】
      * 「6時間でできる!2ケタ×2ケタの暗算―岩波メソッドゴースト暗算 (岩波メソッド ゴースト暗算) 」(小学館)[単行本]
         岩波 邦明 (著), 押田 あゆみ (著)  900円


[一番上へ]



■社会を好きになろう

    【歴史に強くなろう】 ・・・ 社会が苦手だった私のおすすめの文庫本です。
      * 「読むだけですっきりわかる日本史」 (宝島社文庫) 後藤武士(著) 500円
      * 「世界史 上」 (中公文庫)ウィリアム・H. マクニール (著) 1.400円
      * 「世界史 下」 (中公文庫)ウィリアム・H. マクニール (著) 1.400円


[一番上へ]



■理科を好きになろう

    理科が好きな人は自然が好きなのかもしれません。

    星に詳しいと、時間と星座の位置で方角がわかったりします。

    物理を勉強すると、花火が夜空に開いた2秒後に打ち上げ音が聞こえた場合、
    その花火は自分の場所から700m先で打ち上げられたということがわかります。

    [音速]音が空気中を伝わる速さは、気温が30度の場合、1秒間で約350mなので、
    350m×2秒=700m となるからです。

    また薬学では有機化学、医療系では生物の恒常性の知識が必須です。


[一番上へ]



■料理を好きになろう

    生きていく上で欠かせないのが食事です。
    それならばおいしいのが良いに決まっています。
    海外の料理を作って食べれば、その国に行った気分に浸れます。
    いろんな種類の食物を少しずつまんべんなく食べると健康に良いです。


[一番上へ]



■手話を好きになろう

    手話にも方言があったとは。
    手話教室もありますが、DVD付の本やNHKテレビ講座もありますよ。


[一番上へ]



■ヨガを好きになろう

      * 「DVD見ながら覚えるはじめてのヨガ入門―ココロとカラダをリフレッシュ 」 [単行本]
           安達 麻由美 (監修)  1.365円
    ↑友人が月に数千円のヨガ教室に通えなくなったために購入した本です。
    わざわざ教室に行かなくても、この一冊を家で行えば十分だと薦めてくれました。
    ヨガは心身に良いそうです。私はあまりやっていませんが・・・。


[一番上へ]



■茶道・華道・着付け・ピアノ

    人と同じように国にも、各々独自の国の魅力があります。
    私が日本の伝統の良さとか四季の美しさを強く実感できたのは海外へ行ってからです。
    日本文化に憧れる他国の人の気持ちが理解できます。
      * 「DVDで着物の手ほどき 着付けと帯結び」 [大型本]着物屋くるり (著)  1.575円


[一番上へ]



[トップへ]   [一覧へ]